2017/10/18

今回はまず、前回途中で帰ってしまったもっちゃんに、前回やったことを教えました。htmlのことを人に教えるのは初めてだった上に、自分でもまだよく分かっていなかったので、どこから教えていいやら試行錯誤しながら何となくですが教えることができました。また、教えているときに、もっちゃんが細かくメモを取っているのを見て、もう少し見習いたいと思いました。

 

その後、池田さんがざっと前回の復習をしていたのですが、私はまだまだ用語を覚えておらず、ところどころ理解できず、インターネットの構造もあまり分かっていませんでした。   

 

次に、実際にこの前の続きを教えていただきました。

今回、教えていただいたのは、文字化けしないために、文字コードを入力することと、ヘッドへタイトルを入力する方法、文字のフォントサイズ・色の変え方についてです。

事前にゲームでhtmlをふわっとやったことがあったので、色の表記は見たことがあったのですが、#と数字・アルファベットで訳の分からない並びで、なんなんだろって思っていましたが、二桁ずつで、RGBが表されていると聞いて、めっちゃ感動しました。

色コードもそうなのですが、個人的には、固まってしまった画面をタスクマネージャーで消せることが一番びっくりしましたし、これからもめっちゃ活用しようと思いました。

 

 

2017/10/16

今日はandroidアプリ開発の続きを教えてもらいました。

今、電卓を作っていて、前回、電卓の表示画面とボタンまで作って、入力画面に文字を入力してボタンを押すと、表示画面に反映される所まで作っていました。

 

今日はその続きから作っていきました。

今日は主にボタンの部分を作っていき、最初にボタンの位置を割り振って、16マスを作りました。そのあとその作ったマスに数字を入力していきました。そのとき数字はまだ入力されません。その後、システムのところで、「1」のボタンを押したら入力画面に「1」と表示されるように、ほかの数字も変えていきました。たくさん文字があって難しく、いろいろと間違えて、なぜか数字のボタンを押して「botton」と出てしまったり、よくわからない間違えをしまったりしたのですが、いろいろと助けてもらいながらようやくできました。今回アプリの開発をしていて、ソフト自体がとても重く、たびたびパソコンがフリーズしてしまうこともあり、アプリ開発はもちろん入力していく言語も難しいですが、そのほか環境を整えることも難しいなと思いました。

 

あともう少しですが、がんばります。

2017/10/11

今回は、企業の方に学校に来ていただき、インターネットに関する基本的な知識についてやhtmlの言語や基礎について、教えていただきました。


まず最初にしたことは、今後一緒に活動するメンバーのあだ名を決めることでした。今までこれと言ってあだ名が無かったので、とても困りました^^;最初適当に思いついたので、「さん」にしましたが、存在感なさすぎて呼ばれても気づかなかったので、途中で変えて、「らいちゃん」にしました。この名前の理由は、あるけど書きません。^^;


次に、その企業の方が私たちに出していた課題の答え合わせをしました。


そのあとインターネットの基本的な構造について細かく教えていただきました。普段何気なく使っているインターネットのことだったのですが、ほとんど何も分かっておらず、話を聞いてとても勉強になりました。


最後に、htmlの基本について教えていただきました。事前に自分でざっとサイトを作ってみたり、先生からゲームのようにプログラムを学べるサイトを聞いて少ししていたので、凄く理解しやすかったです。





2017/10/06

今回は、先週までまとめていた夏休み期間中に行った工作体験教室のたくさんの観察データを、工作キットを作る会社の社長さんも交え、分類分けしていく作業をしました。

 

先週までは観察データを下にある表にまとめ、それを一人数枚ずつ作りました。f:id:ssshunaki:20171007173627j:plain

 

1班3人に分かれてそれぞれの観点から分類分けをしました。

私は社長さんとOさんと一緒に考えました。

私たちはまず子供のことについて書いてあるか、親について書いてあるかで分けました。その後プラスな価値なのか、マイナスな価値なのかで分け、それをさらに、その「体験教室」にある価値なのか、それともその「工作キット」が与えた価値なのかで分けました。

 

この中の「子供」について書いてあるものの、「体験教室」にある価値、「工作キット」にある価値を種類分けしました。「体験教室」にある価値を、対人関係、自分が何かを得る、体験教室の持つ価値に分けました。対人関係は主に、競争心が湧いたものや周りへの気配り。自分が何を得ることは、その体験教室に参加して、周りにやり方を教えてあげて、教え方を学ぶことなど。体験教室の価値は、そこで何か発見できるようなこと。「キット」にある価値は、探求心、反省、判断、自主性に分けました。

 

今回はここまでの作業をしました。

 

作業中、この課題だけでなく、この企業のことや、売り方、今後やってみたいことなどについてもお話することができ、とても楽しく、とてもためになることを話していただけました。

 

 

2017/10/02

今日は2限と昼休みの時間を使って、同じ学校の同級生の方にandroidアプリの開発の仕方を教えてもらいました。

とても分かりやすく説明してあるサイトを教えてもらい、そこをベースに試しに解説をしてもらいながら作っていきました。

先日、htmlを使ってサイトをめちゃめちゃざっと作ってみたので少し理解しやすかったですが、やはりあまり知識がなく色々と補足で教えてもらいました。

最初は本当に何も分からず、なんだこの文字はってぐらいに思っていましたが、実際にやっていくうちに何となくですが、少し意味とか作りとか分かり始めて、また、自分が入力したものが実際に反映されるのがすごく楽しくて、もっと学びたいと思いました。

教えていただいた方とも終わりのほうで結構普通に話せてとても楽しかったです。

 

そして今日は3限の講義にDMM.com groupん話を聞きました。

DMMはゲームの方はかなり利用していたので、お話を聞くのは本当に楽しみでした。

実際話を聞いてい見ると思ってた以上にとても楽しそうだと感じました。話を聞くに、苦手なところを克服していくというよりは、得意なところをどんどん伸ばして行くことに重点を置いているようでした。今、よく聞くのは個性というよりも、その企業に合わせていくことが求められているように感じるのでとても驚いたしすごくいいなと思いました。そのほかにも、DMMに限らず、他の企業であっても当てはまるような話も聞けたのでとても勉強になりました。

 

今日一日本当に貴重な体験をさせていただいたので、どちらも今後につなげていけるように、さらに自分でも学んでいきたいと思いました。

2017/09/15


今週はゼミの正規の授業の初回だったので、まず自己紹介として、名前と夏休みのことについて一人づつ報告しました。

私もそうですがほとんどの人が、バイト、旅行に行っていたとのでした。


報告の合間に先生から、インディーズ?の映画がキャナルであるとのことで、何も予定が入らなければ見に行こうと思いました。


その後、先日の志賀島の報告や今後のゼミの事について話がありました。

2017/07/21

今回は最初に、前回出された課題(30分何かしらの状況を見て、その状況を記述するもの)についてお話がありました。

まずはどの範囲(空間)を状況として記述していくかについて。その場を通り過ぎていく人を書くような大人数について書く人から、数人に絞って書いている人がいました。それについて先週も使っていた「フィールドワークの技法(著:佐藤郁也)」を用いて話があった。観察対象の人数は多少絞ったほうがいいようです。ですが、どこに焦点を当てて絞っていくかが難しく、またこれがとても大事になってくるようです。

次に記述の仕方についてです。いくつかの例を挙げながら話がありました。1つは、項目(名)ごとに分けて書き、最後にエピソードなどを書く方法。2つ目は箇条書き。3つ目は実際にその場所の空間の配置について書くこと。4つ目が単語記録機能を使うこと。このようなものがありました。また記述の話の際にあった、将来読む自分は、実際にフィールドノーツをしているときの自分とは別の人だという言葉がすごく心に残りました。これを聞いて、自分の「主観」で書くのではなく、だれが見ても同じものを創造できるメモを書いていけるように心がけようと思いました。

 

これらの話の後、工作体験教室の際に作る工作を作りました。ゼミのメンバーから2人作ることになり、私は作る側になりました。工作など何か作っていくことがとても好きなので、とても最初から楽しみでした。しかし、苦手な子にとってはあまり乗り気にはなれないようで…。

実際に作っていっていると、難しかった所ももちろんなんか箇所かあったのですが、それが解決した時がすごくうれしくてとても楽しかったです。

それと私は割と得意なことに関しては負けず嫌いなので、その場では何も言いませんでしたが、隣で同じものを作っていた子よりは絶対早く作りたい!!と思っていました(笑)

楽しかったです!!