2018/04/13 ゼミ

今日は、今年度最初のゼミでした。

 

今回はまず、次のゼミ生のための説明会に関する話をしました。

ゼミの説明会にルールなんてあったことにびっくりしました。そしてすごい懐かしいなと思いました。去年私は、3,4年生のゼミ生が行う説明会にはふらっと参加しましたが、研究室まで聞きに行ったのが今入っているとこだけで、ここしかないと思って応募したので、今考えると落ちてたらどうしてたんだろって思います(笑)就活ではちゃんと他も見るようにします。

このゼミ説明会の話があった際に、連絡に対する返事について話しがありました。これは以前もインターンのほうで聞いたことがあった話でした。相手から連絡がきたとき、例えば、「来週の土曜日暇ですか?」と来た際に、その日のスケジュールがわかるのが明後日だとします。その時に、明後日返事をしよう。ではなく、相手に「明後日スケジュールがわかるので、明後日返事をします。」と伝えたほうが相手もちゃんと自分に連絡が届いているのか心配する必要がなくなりますし、いつ返信が来るのか考えずに済みます。だから、今時点でわからないなら、わからないと伝える、もしくはいつ返事ができるのかという返事をすることが大事といったような話でした。

 

それとタイムマネジメントの話もありました。これは私の課題でもあります。というかこの前の先生との面談の時も言われました。先生が言ってたのは、やることがあって、今できないなら、いつの時間でやるのかをその時決めるというものでした。もしこれするならグーグルカレンダーめっちゃ便利ですよね。一時期はふわっと一日の予定を決めてやってたりもしましたが、どうもそこまで重要じゃないことは、まあいっかって思ってしまって、やらないことがよくありました。もう本当これに関しては自分の推しを見習いたい。あの子すごい。諸事情で名前あんまり書きたくないから苗字だけで書きます。田中さんがやってた方法で、寝る前に次の日やること決めてしまってそれ全部して、プラスで何かをするってのをずっとしているそうで、私も一時期そういうスケジュールの作り方してました。寝る前にスケジュール考えたり見直したりすると、明日もちゃんと早起きしよ!って思えるので結構できました。でもちょっと入院期間でぽんこつ生活送りすぎて破綻しましたが...。また今日からしようと思います。

 

5月ごろからは企業の方からゼミのほうにお話が来てたそうで、だけど、5月からなので始まるまで何をするかについて考えました。テーマについては「ブラッシングしない歯磨き」「100年後の家事」についてでした。この内容をすること自体は以前聞いていました。ブラッシングしない歯磨きって今の時代じゃなかなかないですが、確かに磨く時間ないならないほうがいいなと思いました。そのこと考えた時に、そもそもなんで歯が汚れるのか、磨かないといけない状態になるのかと思いました。もちろん歯のことなんてそんな詳しくないので全然知らないのですが、そこがわかればまた方法もいくつか浮かぶかな?と思いました。汚れる過程がわかって、汚れること自体を防ぐ方法があるなら磨く必要なんてないですから。 来週から色々調べながらがんばります。

2018/4/4 名古屋企業訪問

 

今日は初の一人で企業訪問に行ってきました。初めてだったのですごい手探りで勉強してお話しさせていただいたので、よかったかよくなかったかで言ったら圧倒的によくなかったのですが、本当に行ってよかったなって思いました。

今回まず質問させていただいたのが、どうやって作ったサービスを広めているのかについてでした。これは私が普段からとても知りたいことだったので、実際の企業がどうやってサービスを広めているのか気になったので聞かせていただきました。
一つはCMですが、これにもテレビCM、ラジオCMで使い分け、また広告は費用が莫大なのでより利益につながる、つまり、そのサービスを利用する人が見たり聴いたりするときや媒体をしっかり考えてつかいます。
もう一つは、SEO対策です。これはインターンでも話していて、私も興味あって調べてたりしました。実際今、1つのあるサービスは検索したら大体1番上に出てくるそうで。上まで来るからには、SEO対策 +使ってる人が多い(使いやすい)が合わさってるからだと思います。

それと個人的に気になっていたことで会社の中の建物の作りが特徴的で有名だったので、実際にそういうものがあるなかで仕事をして、発想に影響があったり、仕事がはかどったりするのかを質問しました。
このことに関して、発想にはあまり影響ないようなのですが、話題性があったりして、それこそテレビで取り上げられてそこからまた名前を知ってもらうこともできるとおっしゃってました。ちなみに、全体的には会社の方々みんなでどういう社内にするのか考えたそうで、社員食堂はもともと若い女の人が行きたくなるような感じで作りたかったから、若い女性社員の方で考えたそうです。

この企業では、ずっと続く会社にするために、時代が変われば自分たちも合わせて変わり、進化し続けていくとおっしゃっていて私もこういう企業に入れたらいいなと本当に思いました。


それとここからは本当にただの自分の反省なのですが、今回わかった欠点として、自分がしたいことや自分が好きなことは割とすぐに答えられるのに、なぜ?と聞かれてしまうとなかなかパッと答えられず、とても困りました。何と無く答えは思い浮かんではいたんですけど、それを説明するのが難しくて、これはずっと直さないといけないとは思っていたしたぶん前にも書いた気がするけど、めちゃくちゃ感覚的に生きてて、言葉にしたり、可視化したりが少なくてなかなか人に伝えるのが難しいなと思ってて。
就活前に、好きなことや、やりたいことを具体的に説明できるようになることをまず課題にしようと思いました。

もう一つの反省が、今回お話しさせていただく際に、質問内容を先に聞いておかなかったことです。これは相手も突然の質問に返答を返すのは難しいし、もし先に聞いておけば質問に答える方も予め用意ができ、質問をする側としてもより
質の良いフィードバックが得られます。このことに感しては、本当に言われるまで気づかなっかったので、次このような機会があった際は気をつけようと思いました。


今回、訪問した企業のことだけでなく、就活の相談にものってもらいました。私は今まで生きてきて、思うように進んではないのに結局なんでも楽しくできていて、やってよかったなと思うことしかほとんどなくて、だから、なんでもしたいとまではないかもしれないけど、入った会社でがんばるぐらいにしか思ってなくて、何がしたいとか何も決まってなくて少し悩んでいたので、相談させていただいたのですが、「やりたくないこと」を考えてみたら?と言われてめちゃくちゃなるほど!!!って思いました。それと、そういう「やりたくないこと」などの条件とある程度行きたい企業とを照らし合わせて表にする方法を教えていただきました。表で表して可視化することで、改めて、どこが本当に自分の条件にあっているのかが分かる。そしてその条件にも具体的な理由を書いておくと、なぜこういう条件をつけたのか後で見返すことができる。今回この教えていただいた、企業の選び方は全然何も決めてないわたしには本当に役立ちそうなので、またある程度定まったらまたこのブログ見てします。

 

3/27 インターン集まり

今回はまた学校に、インターン生みんな集まって活動しました。

 

今回の活動は、どちらもサイト作りではありますが、同学年のインターン生が6人いてそれを二つのチームに分けて3人ずつで活動しているので、その3人ずつで主に活動しました。

 

私たちはこの前の打ち合わせから、また改めて、作りました。

ワードプレスを使って作っているのですが、まずワードプレスの使い方が難しくてめっちゃ試行錯誤してました。個人的にすごい、イラストのソフト入れて使い慣れるまでの過程って感じがしました(笑)

とりあえず今回は、簡単なベースだけ作って、あとは取引先の方から画像や文章が送られてくるのを待っている状態です。今回何よりも得られたと感じたことは、ワードプレスの使い方に大分慣れたことです。

数時間使っていたら大分使い慣れたので、また使い方忘れる前に早めに終わらせたいです。

3/20 インターン(取引先との打ち合わせ)

先日、取引先との打ち合わせへ行き、私は初めて取引先の方とお話ししました。

 

この活動は3人でしていて、前回は私以外の二人に行ってもらい、要望などを聞いてきてもらったのですが、以前から、文字として残っているメモや、取引先の方が作った書類などを見た印象と、2人が言っていることが私の中でずっと合わさらず、ちょっともやもやしていたので、実際会ってみて、そこの部分がすごく解決したのでとてもよかったです。というのも、会って実際に話してみると、2人が言っていたことのほうが会っているように感じて、これは話し方やニュアンス、なんとなくの会話の中で何の話をしているか、という辺りからしか感じ取ることができないと感じたからです。

 

この数日前ぐらいに、want と needが違うということを久しぶり聞いて初心に帰った(?)感じだったので、なお身に沁みました。

 

 

それから、サイト作りとはちょっと離れるかもしれませんが、この商品ならではの「売り方」の話や、地域の伝統、地域との関わりについても聞けて、多分このあたりの話はほかではなかなか聞くことも話すこともないので、いい機会になりました。

 

3/14 インターン話し合い

1時間半くらいFacebook使いながら話し合いました。


20日に取引先の方と会うので、確認する内容などをまとめました。

インターン サイト開設①・企画書作り

私たちは先月から、ある企業のサイト作りを始めていて、まず最初にその企業の方に会って、どう

いうサイトを作りたいかを聞きに行きました。(私は諸事情でいけなかったのですが...( ノД`))

そしてそれを元に、企画書を今作っています。企画書を作るというのは人生で初めてのことなので、何から手を付けていいかわからず、めちゃくちゃ手探りで始めました。現時点でインターン先のほうに2回提出しているのですが、なかなかいいものが作れず、苦戦しています。

今時点で分かった、気を付けるべきことは、

・「お客様に見ていただく」ことを意識して作り、確認すること。

・誰が見ても理解できる書き方を心がけること

ヒアリング内容をまとめるだけじゃなくてあくまで「ご提案」

・サイトを作ることで、企業の何に貢献したいのか考えて作ること

これに気を付けて今作っていっています。

 

それと同時進行で、ワードプレスのほうで、サイトを作り始めました。今作っているものが完成につながるのかはわかりませんが、今回初めて使うものなので、使い方を学ぶために企画書を作る際に考えたトップページを試しに作っています。

 

まだまだ色々と手探りですが、早めにスケジュールを決めて、進めていこうと思います。

29年度ゼミ活動まとめ

私たちのゼミはほかのゼミより早く始まり、前期のうちから活動がありました。一番最初はゼミ全体(大体18人?)を3チームに分けて毎週活動をしていました。

前期ではまず、仕事をする上でどういう人とがいいか、また嫌なのかについて理由も含めて話していきました。それによってその人が全体的にどういう人が好きでどういう人が苦手なのか、また、考え方も見えてくるときもありました。

その次に、新しい「絆創膏」について考えてみるということもしました。ここでは仮の設定を作った人間に対してその人に向けてどういうものを作るかという考え方も使って考えていきました。

それと、これはゼミの活動内でも特に私の中に残った活動なのですが、浅野先生という方のUXに関する公演を聞きに行って、それを元に次の日は実際に町に出てどういうものがあるのかを探しに行き、学校に戻ってまとめて発表するという活動がありました。

それから、夏休み期間は工作体験教室の観察に行って、子供たちがどういう行動をするのか調べる活動をしました。この準備として、どういった点を集中的に見るか、どういう接し方を私たちがすべきかについて考えて工作体験教室に行きました。その後で、教室内で書いたメモを元にまとめ、最初に「出来事・状況・価値」と書かれた紙にまとめていき、これを種類ごと(種類は自分で考えてきめる)に分類し、それぞれがどういう関係性を持っているかについて考えました。これを考えるうえで、ここでのみ使えることではなくて、ほかでも応用できるように考えることをしました。実際これをやってる最初のほうは何をやっているのか自分でもよくわからなくて、だけどやればやるほどコツやなぜこの作業をしたのかについてだんだんわかるようになりました。

ゼミの最後の活動は、インタビューについてでした。ここでは、先生の元同僚の方に来ていただいて質問したり、3人グループを作って、インタビュアー・インタビュイー・観察者で分かれてインタビューをして、これを録音して文字に起こす作業をして、改めて自分がきちんと質問できているかや、どんな技法を使っているかについて考えていきました。

これらが実際にゼミの授業内でやったことです。

それから私は、androidアプリの開発の仕方を教えてもらったり、志賀島での外国人旅行者の調査をしたり、インターンという形でプログラミングを教えてもらったりしました。

android開発ではマジで何もわからなさすぎでどうしようと思っていましたが、ほんとめちゃくちゃ少しだけ(マジで少しだけ)何となくわかるようになったのですが、もう少し初歩からやってからもう一度したいと思いました。それと、今回最初に電卓を作ったのですが思ってた以上にめちゃくちゃ大変で、私たちが普段何気なく使っているアプリを作るのにどれだけ時間がかかるのか考えたら、これからは課金もっとすべきなのかなと思いました(笑)

志賀島の活動は、ゼミ内の貿易学科3人で活動していて、実際に志賀島行って調査するものでした。調査の目的は志賀島の観光客を増やす方法(単発的にでなく、持続して観光客が増えるように)と、志賀島に行くためにベイサイドプレイス博多から出ている船をもっとりようしてもらうようにするには、について調べていきました。ここではなかなか外国人に出会えず、だけど一日だけ何故か外国人が多い日があったので本当救いでした。

インターンはこの外部活動の中でも一番活動したことなのですが、ここでは主にプログラミングについて初歩的なことから教えていただいていて、それプラス、社会人としてどういうことをすべきかなど、将来社会に出て大切なことも教えていただいています。ここはゼミ内の人だけではなく、他学科の子やほかの大学の方もいらっしゃいます。

 

一年間様々な活動をしてきましたが、とりあえずやってみるという気持ちでいろいろしてみたのですが、最初はもちろん何もできなくてだけど意外と続けてみると何となくだけどわかるようになってきて、これからもとりあえずやってみようの精神でがんばろうと思いました。